掃除と片付けは幸運をよぶ
東京・調布の風水インテリアセラピストさとしも
開運あれこれ PR

【風水のラッキーアイテム:家族写真】子供の”今”を見てますか?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは。

居心地のいいおウチはいつでもつくれる
風水インテリアセラピストのさとしもです。

今日は「家族写真」がテーマです。

家族写真は普通に飾っている方が
多いかと思いますが、

バグア風水ではバグアマップ上の
ファミリーのエリアに家族写真を飾ると、
そのエリアのエネルギーを上げてくれると言われています。

いわゆるラッキーアイテムですね!

バグア風水・バグアマップについては
こちらをどうぞ。

方位関係なし!分かりやすいバグア風水で運氣アップを目指しませんか?こんにちは。さとしもです。 東京都調布市で 家事代行と整理収納アドバイザーをしています。 今日は、 風水で運氣アップを目...

この記事では、
家族写真を飾るときに
気を付けた方がいいのでは?
と思うことをお伝えします。

この記事を読んで
ドキッとした方、ピンときた方は
是非お試しくださいね。

おウチの空氣感が絶妙に
変わるはずですよ!

子供がもう大きいのになぜ幼少期の写真だけ?

 

過去にこんな記事を書いたことが
あるのですが、
子供の作品、どうしてますか?

何年も前の子供の図工作品を
ボロボロになっても
ホコリをかぶっても
そのまま飾り続けているお宅や、

もう子供が大きいのに、
小さな頃の写真しか飾っていないお宅に
(しかも数は多めだったりする)

妙な違和感を感じてしまいます。

 

 

忘れているだけ?

 

壁の一部と化して
気にもしていないだけ??

 

でもこれってちょっとヤバいです。

目に映るもの全てからデータを取り込んでいる

片付けや風水を
ロジカルに語る方は大体
こんなことを言っています。

人は
見ているつもりがなくても

無意識のうちに、

視界の中に入るすべてのものから
何かしらの情報を受け取っているから、

モノが増えれば増えるほど、
自分の中に余計なデータが蓄積される。

だから、
部屋に置くモノは多くない方がいいよ

→片づけた方がいいよ
→見てイヤな気分になるものは手放そうよ
云々。

となるわけですが。

 

人は
見ているつもりがなくても

無意識のうちに、

視界の中に入るすべてのものから
何かしらの情報を受け取っている

のだとすれば、

写真という、
とっても分かりやすい過去の情報が、

無意識のうちに自分や家族に
影響を与えています。

 

また、おウチという空間に対しても、

子供が大きくなっても
小さい頃の写真ばかりあったとしたら、

これは一例ですが

「あの頃のあなたは、
小さくてかわいかった。」と、

(今を見ることなく)
過去にフォーカスし、
空間に気持ちを刷り込んでいるのと
同じなのではないかと。

 

まあそもそも、
図工作品にしろ、
写真にしろ、

ただアップデートを忘れていて
過去に執着しているつもりは
全然なかった!という方が
殆どじゃないかなと思いますけど(笑)。

お客様の中には、指摘されるまで
小さな頃だけの写真を飾っている、
という意識すら全くなかった!と
おっしゃっていました。

 

ただ、飾っている限り、
無意識のうちに偏った過去のデータを
取り込んでいるということは
忘れないで欲しいなと思います。

 

あの頃はよかった…小さな子どもへの執着エピソード

偏った過去のデータを空間に
蓄積するのはよろしく
ないんじゃないか?

「今」を見てないのでは??

と、私がここまで気にするのは、
自分自身の体験にあるのかもしれません。

一つは聞いた話、一つは実体験です。

(その1)まだ赤ちゃんなのに

現在20歳の息子が1歳の時の話です。

当時住んでいたマンションの
自転車置き場で、2歳の男の子を
連れたお母さんに会いました。

息子を見て、
「かわいいですねー!」
このころって本当にかわいい~!!」

と2歳児のお母さん。

「うちの子、2歳なんですけど
イヤイヤ期が始まって毎日大変で・・・。」
(俗に魔の2歳児、Terrible Twoとか言われる年齢)

毎晩、夫と赤ちゃんの頃の写真を見ては、
「あの頃はよかったね~」と話しているんです。

 

この話を聞いた私は、帰宅したダンナに、

私:2歳になるとすごく大変なんだって!
赤ちゃんの頃の写真を見て、あの頃は
よかったってダンナさんと話してるんだって!

 

ダンナ:子供がかわいそうだな。

 

私:えっ

 

ダンナ:今の子供を見てない、
見たくないってことじゃないか。
その子がかわいそうだ。

 

 

当時の私は、魔の2歳児がどれだけ
大変か周りから聞いていたので、
うちの子もいずれはこうなるのかなと
ドキドキしていたので、
ダンナの反応に別の意味でドキッと
したのでした。

母親あるあるかもですが、
子どもが大きくなると、2歳児ですら
まだまだ赤ちゃんでかわいかった!
と分かるんですけどねw。

(その2)毎晩聞き続けるカセットテープ

そしてそして、このママと同じように
もう戻らない過去の子どもの姿を
懐かしんでいた人が私の身近にもいました。

 

私の父です。はい。

 

 

父は、
私と妹が2,3歳頃の、他愛のない会話を
録音したカセットテープを大事にしていて、

私たちが高校生か大学生の頃には

おそらく日々の仕事のストレスを
緩和させるために酒を飲み、
毎晩このカセットを聞きながら
寝ている時期がありました。

音楽を聴きながら寝ているのかと
思っていたら、まさかの私たちの
あの録音音声( ゚Д゚)。

母から知らされたときは引きました。

 

私たちは
もうこんなに大きくなっているのに、

父が求めているのは、

父に「お酒そんなに飲まないで!」と
母と共に口うるさく言う
当時の私たちではなく、

無邪気に
「パパー!」と言っていた頃の
小さな頃の私たち・・・。

 

小さな頃の私たちが父の支えで、
今の私たちは目に入ってないんだ。
いまの私はいらないんだ。

と悲しみと諦めが混じったような
気持ちになったのを今でも覚えています。

飾るときは昔も今もほどよい感じで

そういう経緯もあり、

お客様宅で偏った家族写真を見て
違和感を覚えるからか、

私は小さな頃から現在まで
家族写真はバランスよく飾ることを
心がけています。

 

やたらと写真を増やすと
埃がたまり掃除が面倒になるので

何かの節目にスタジオで撮影して
フォトフレームに収めてもらった
もの以外は、

数はなるべく増やさず、
中身を定期的にアップデートするように
しています。

家族写真 風水右端のフォトフレーム以外は、スタジオで撮ってもらった家族写真(七五三や入学、成人式)。

 

 

海外ではたくさんの家族写真を
飾っているお宅が多いイメージですが、
過去に私がお邪魔した
アメリカ、イギリスのお宅は少なくとも
結婚式の写真と子供が赤ちゃんの時の写真
だけが飾られているようなことはなかったです。

 

家族写真は、
最近の写真も必ず一緒に飾りましょう。
子どもがもう大きいのに、
小さな頃の写真だけ飾っていると
親がいつまでたっても子ども扱いし、
子どもは親に対して
反抗心・敵対心を抱きやすくなります。

と話す風水コンサルタントの方も
いらっしゃいます。

 

これは私見ですが、

おウチの中に
過去へのフォーカスが多いと、

エネルギーが停滞して

今現在の子どもがのびのびと
羽ばたけないような気がするのです。

たかが写真で??
と思われるかもしれませんが、
モノの放つエネルギーは侮れません。

さいごに|昔のあなたも今のあなたも大好きだよ

年代のバランスがとれた家族写真は、

昔のあなたも今のあなたも大好きだよ

という気持ちが
乗っていると思いませんか?

 

その気持ちが空間にも、
おウチの住人にも刷り込まれて

住む人とおウチのエネルギーが
上がっていくのでは、と思うのです。

 

諸事情で
写真を見直す気分になれない方には
もちろんお勧めできませんが、

この記事をここまで読んで
何かピンときた方は、

家族写真のディスプレイを見直す
いい機会なのかもしれません。

おウチの空氣感も、
あなたの気持ちも、

きっと変わるはずですよ!

 

 

最後までお読みくださり
どうもありがとうございました。

 

フォローする